忍者ブログ

オホーツクADHD&LD懇話会

ADHD & LD Talk in Okhotsk (ALTO) SINCE 2001.4.28

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 竹田契一先生先生講演会開催要綱


1.趣旨

軽度発達障害などの生きにくさ,育ちにくさを抱える子どもたちへの理解を深め,支援のあり方を学ぶことにより,個別の配慮が必要な子どもたちへの教育・療育・保育の質の向上を目指すとともに,特別支援教育及び福祉に関して最新の知見を得る.

2.主催/後援

主催:オホーツクADHD&LD懇話会,北見市私立幼稚園連合会
後援:北見市教育委員会,オホーツク情緒障害教育研究会

3.日時
平成21年2月21日(土)13:45~16:45
(開場・受付は13:30から)

4.会場
北見市芸術文化ホール中ホール(北見市泉町)

5.内容
講演「豊かな青年期を見据えて、大切にしなければいけないこと」
講師大阪医科大学LDセンター顧問,大阪教育大学名誉教授 竹田契一氏

6.参集範囲~教育・療育・保育・福祉に関心のある方々及び保護者の方々

7.参加費~500円(懇話会会員及び家族) 1,000円(会員外)

8.その他~参加申し込みの必要はありません.
ご希望の方は,直接会場までお越し下さい.

録音・録画はご遠慮願います.


※お問い合わせ【懇話会事務局】
市野孝雄(北見市立上常呂小学校)
Fax 0157-38-2181 Tel 0157-38-2234
メールichino51@ nifty.com


竹田契一先生の略歴

www.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=2770001
昭和36年5月米国アズベリー大学卒業
昭和37年5月米国ピッツバーグ大学大学院言語病理学科修了(MA授与)
昭和37年9月米国ミシガン大学大学院言語病理学科にて研究に従事
昭和40年8月同中途帰国
昭和51年3月慶応義塾大学医学部大学院医学研究科修了(医学博士授与)
昭和50年4月大阪教育大学聴覚言語障害児教育教員養成課程助教授
昭和58年4月大阪教育大学障害児教育講座教授
平成15年3月大阪教育大学定年退官
平成15年4月大阪医科大学小児科客員教授大阪教育大学名誉教授
平成18年4月大阪医科大学LDセンター顧問
平成15年度以降LD等の特別支援教育関連専門委員
大阪府、大阪市、兵庫県、神戸市、京都市、京都府

◆専門

軽度発達障害(LD/ADHD/PDD)の言語コミュニケーション
ことばの遅れに対するインリアル・アプローチ
脳損傷児・者のスピーチリハビリテーション
神経心理学

◆役職

日本高次脳機能障害学会理事(旧失語症学会)2001年度学術総会会長
日本LD学会常任理事1998年度学術総会会長日本インリアル研究会会長
特別支援教育士(LD・ADHD等)(旧LD教育士)資格認定協会会長
神戸・大阪・奈良YMCA LD・ADHDサポートプログラム顧問

◆主な編著書

SLTA(標準失語症検査)手引き鳳鳴堂書店1975年
失語症の基礎と臨床金剛出版1980年
障害児理解の方法学苑社1985年
インリアル・アプローチ日本文化科学社1994年
LD児の言語コミュニケーション障害の理解と指導日本文化科学社1997年
LD児サポートプログラム日本文化科学社2000年
実践インリアル・アプローチ事例集日本文化科学社2006年
ADHD・高機能広汎性発達障害の教育と医療日本文化科学社2006年
図説LD児の言語コミュニケーション障害の理解と指導(第2版) 日本文化科学社2007年

 

開催要項
ダウンロード(pdf)


チラシ

ダウンロード(pdf)

PR

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- オホーツクADHD&LD懇話会 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]